So-net無料ブログ作成
歌コトノハ ブログトップ
前の1件 | -

さよならを言う度に [歌コトノハ]

『Ev'rytime we say goodbye』(意訳)

≪VERSE≫
僕達は互いに深く愛し合っている
だから君に尋ねたいんだ
どうして喧嘩ばかりしてしまうのだろう
どうして別れることの無いように もっと器用になれないのだろう

mizutama_1.jpg

≪CHORUS≫
さよならを言うときはいつも たまらなくなる
さよならを言うときはいつも どうしてこうなんだろうって思う
神様は全てお見通しのはずなのに 僕の気持ちを少しも考えないで
  君が行くことを許してしまうのだろう

君が近くにいると春の香りに包まれて
どこからか春を告げるひばりのさえずりが聞こえてくるようだ
これ以上に素敵なラブ・ソングはないよね
でも 不思議なことにその歌はすぐに哀しい歌に変わってしまうんだ
僕達がさよならを言う度にね


☆Photo/(C)MIZUTAMA
(※このお写真はMIZUTAMAさまよりお借りさせて頂き、使用させて頂いております。
 こちらからの無断転載はくれぐれもおやめ下さいませ。)



………………♪『Ev'rytime we say goodbye』の歌詞を意訳




※私の大切なお友達のjazzinn5さんのとても魅力的なサイト
『Mid-night Jazz Report』の素敵なJAZZ音楽作品紹介ページのお手伝いを、
今回もさせて頂くことが出来ました.*:。.☆

『Love is a Many Splendored Thing』
『Cheek to Cheek』
『The Very Thought of You』
そして今回は早4曲目、『Ev'rytime we say goodbye』

今回の愛の形は『さよなら』。
さよならを口にする際の気持ちが切々と伝わってくる
内容になっております。
『さよなら』に至る様々なドラマ、
『さよなら』という言葉が持つ意味をあらためて噛み締める
素敵な作品です。

拙い訳詞ではございますけれど、素晴らしい音楽を味わうのに
少しでもお役に立てれば幸いでございます。







続きを読む


nice!(3)  コメント(1) 
前の1件 | - 歌コトノハ ブログトップ